Home ⇒ [作品について2005年09月] ⇒ 「生れて(あれて)」という読み

「生れて(あれて)」という読み

 文語詩「敗れし少年の歌へる」に曲を付けるにあたって迷ったことの一つは、三連めに出てくる「夜はあやしき積雲の/なかより生れてかの星ぞ」という部分で、「生れて」は「うまれて」と読むのか、「あれて」と読むのか、ということでした。

小沢俊郎『薄明穹を行く』より 当初私は、とりたてて考えることもなく「うまれて」と読んでいたのですが、小沢俊郎著『薄明穹を行く 賢治詩私読』(學藝書林,1976)のなかで、小沢氏が意識的に「あれて」とルビを振っておられるのを見て(右写真)、はたとその可能性に目を開かれました。
 現代の送り仮名の基準では、「うまれ」は「生まれ」と表記することになっていますが、賢治は「うまれ」と読ませる場合にも常に「生れ」と書いていますので(ex.「億の巨匠が並んで生れ」、「そしてその二月あの子はあすこで生れました」・・・)、送り仮名からこの二つのどちらの読ませ方を意図したのか、区別することはできません。

 そこで、意味としてはどちらの読み方が適切なのかということを考えるために、大野晋他編『岩波古語辞典』を参照すると、それぞれ次のように書かれていました。

あ・れ【生れ】《下二》 神や人が形をなして(忽然と)出現して、存在する。
うま・れ【生れ】《下二》 (1)誕生する。(2)鳥が卵からかえる。

 この語義を見ると、「星が雲の中から現れて・・・」という状況の描写としては、やはり小沢さんの読みのとおり、「あれて」の方がぴったりときます。
 また、音数的にも、「ナカヨリアレテ・カノホシゾ」で「七・五」となりますから、こちらの方が語調もよいですね。

 ということで、けっきょく歌の歌詞としては、「♪なかより、あれて~」として曲を付けることにしました、というご報告です。