「賢治の事務所」の加倉井厚夫さんが、去る2月8日の「緑いろの通信」において、「星めぐりの歌」の歌詞について次のように述べておられます。

 よく、賢治の「星めぐりの歌」の冒頭の「あかいめだまの さそり」について、あれは赤い星アンタレスで、星座上はさそりの心臓のはずが「めだま」ではおかしいことが指摘されます。 草下英明さんの本にあるとおり、吉田源治郎の『肉眼に見える星の研究』(警醒社)では「眼玉」と書かれているので、賢治はその知識をもとに書いたのではないかとする説明があります。 (しかし、時期的には『肉眼に見える星の研究』刊行が後のこととされます。)

 多くの解説本を読むと、このような議論があるなかで(実はそこで思考停止されるものが大半ですが)同じ「星めぐりの歌」にある「あをいめだまの こいぬ」に関しては、こいぬ座のプロキオンがなぜ「めだま」なのか、の方は本気で論じられることもなく、スルーされています。 むしろこちらも同等に検討が行われるべきで、その鍵になるのは、賢治の天文学の知識と同等に、賢治自身の想像力の傾向の理解にあると考えています。

 例えば、初期の短歌「西ぞらの黄金(きん)の一つめうらめしくわれをながめてつとしづむなり」(歌稿〔A〕明治四十四年一月より 69)では、宵の明星が「一つめ」のモチーフとなっています。 光る星を一般的に「眼」とする発想が賢治にはそもそもあったということです。

 このように、賢治の想像力に基づく創作がどのようなものなのか。 天文学の知識に加えて、想像力の傾向を理解する試みが必要ではないでしょうか。

 この加倉井さんのご指摘には、私もまったく同感で、さそり座やこいぬ座の中で最も輝く星を、その「めだま」と認識せずにいられない、賢治独特の「想像力の傾向」こそが、ここでは注目すべきところだと思います。これは、私たちが賢治の創作の秘密を理解する上で、小さくとも重要な一つの「鍵」にもなるのではないでしょうか。


黄いろの異界

 「『春と修羅』補遺」の「手簡」は、謎めいた不思議な作品です。

  手簡

雨がぽしゃぽしゃ降ってゐます。
心象の明滅をきれぎれに降る透明な雨です。
ぬれるのはすぎなやすいば、
ひのきの髪は延び過ぎました。

私の胸腔は暗くて熱く
もう醗酵をはじめたんぢゃないかと思ひます。

雨にぬれた緑のどてのこっちを
ゴム引きの青泥いろのマントが
ゆっくりゆっくり行くといふのは
実にこれはつらいことなのです。

あなたは今どこに居られますか。
早くも私の右のこの黄ばんだ陰の空間に
まっすぐに立ってゐられますか。
雨も一層すきとほって強くなりましたし。

誰か子供が噛んでゐるのではありませんか。
向ふではあの男が咽喉をぶつぶつ鳴らします。

いま私は廊下へ出やうと思ひます。
どうか十ぺんだけ一諸に往来して下さい。
その白びかりの巨きなすあしで
あすこのつめたい板を
私と一諸にふんで下さい。

          (一九二二、五、一二、)


映画「風の電話」

 今日からちょうど1年前の2020年1月24日に公開された映画「風の電話」を、先日 Amazon で見てみました。

 公開後まもなく日本全体がコロナ禍に飲み込まれてしまいましたので、誰しも映画館で見るのはなかなか難しかったと思いますが、これは「ベルリン国際映画祭国際審査員特別賞」も受賞した、とても素晴らしい作品です。


北上川の流氷

 今日1月17日の午後に網走地方気象台では、肉眼で流氷が観測されたということで、気象的に言う「流氷初日」だったということですが、先日は河北新報のウェブ版に「北上川に流氷出現 宮沢賢治の詩「流氷(ザエ)」の情景再現」という記事が掲載されました。
 記事中の動画は、YouTube でも公開されています。

 これは北上市の珊瑚橋から撮影されたということですが、賢治の時代には花巻でもこのような情景が見られたのでしょう。温暖化の影響か、北上川の流氷の出現は10年ぶりということで、今年の冬の冷え込みのおかげで、神秘的な景色が現れたようです。


自然からのWink

 私は1年前に「宮澤賢治における「倫理」と「美」」という記事において、賢治は常に強く「倫理」を意識し実践しようとする人だった反面、他方ではひたすら「美」を追求し享受しようとする人でもあったという、彼の持つ対照的な(?)二つの側面について考えてみました。
 この両面は、賢治の作品においてもその重要な特徴になっていると、今も私は思うのですが、ただ去年の記事の時点では、「思えば、宮澤賢治という人が、一つの人格の中に、高い倫理的感性と天才的な美的感性を併せ持っていたということは、「稀有な偶然」と言うしかない」などと書いていて、その「倫理」と「美」とは彼において、別個の独立した特性かと考えていました。

 実際たとえば、Wikipediaの「耽美主義」の説明にも「道徳功利性を廃して美の享受・形成に最高の価値を置く西欧の芸術思潮」などと書かれていますし、一片の詩句を求めて酒や女に溺れる芸術家たちの評伝などを見ても、一般には「倫理」と「美」というのは、相反する/両立しがたい価値観のように、理解されているのではないでしょうか。
 伝えられるところの賢治その人の言動からも、ふだんは信仰篤く、禁欲的で献身的な態度で一貫しているのに、ひとたび美しいものに感動すると、あたり構わず「ほほーっ」と奇声を上げて踊り出したとか、またクラシックレコードや浮世絵(春画を含む)の蒐集のためには相当な金額を費やしていたとか、この二つの側面の不思議な同居は、なかなか常人には理解しがたいところがあるように思います。

 しかしこのお正月に、たまたま熊野純彦著『カント 美と倫理とのはざまで』という本を読んでいて、カントのみならず賢治の心の底でも、この「美」と「倫理」という二つの契機は、表裏一体となって分かちがたく結びついていたのではないかと、思うようになりました。

カント 美と倫理とのはざまで カント 美と倫理とのはざまで
熊野 純彦 (著)

講談社 (2017/1/20)

Amazonで詳しく見る

 今日の記事は、そのあたりの事柄についてです。


 あけましておめでとうございます。旧年中は、さまざまなコメントをいただきましてありがとうございました。
 相変わらずコロナ禍は猖獗を極めていますが、いつかまたみんなで安心してイーハトーブの地を訪ねられる日が来ることを、願っています。

 さて、年末に続いて鈴木輝昭氏の「イーハトーヴ組曲」から、今日は終曲「ポラーノの広場」の改訂版です。

童声(女声)合唱とピアノのための「ポラーノの広場」(鈴木輝昭作曲)

つめくさの花の  咲く晩に
ポランの広場の  夏まつり
ポランの広場の  夏のまつり
酒を呑まずに   水を呑む
そんなやつらが  でかけて来ると
ポランの広場も  朝になる
ポランの広場も  白ぱっくれる。

つめくさの花の  かほる夜は
ポランの広場の  夏まつり
ポランの広場の  夏のまつり
酒くせのわるい  山猫が
黄いろのシャツで 出かけてゐると
ポランの広場に  雨がふる
ポランの広場に  雨が落ちる。

つめくさのはなの 終る夜は
ポランの広場の  秋まつり
ポランの広場の  秋のまつり
水をのまずに   酒を呑む
そんなやつらが  威張ってゐると
ポランの広場の  夜が明けぬ
ポランの広場も  朝にならぬ。

つめくさの花の  しぼむ夜は
ポランの広場の  秋まつり
ポランの広場の  秋のまつり
酒くせの悪い   山猫は
黄いろのシャツで 遠くへ遁げて
ポランの広場は  朝になる、
ポランの広場は  夜が明ける

つめくさ灯ともす 夜のひろば
むかしのラルゴを うたひかはし
雲をもどよもし  夜風にわすれて
とりいれまぢかに 年ようれぬ

まさしきねがひに いさかふとも
銀河のかなたに  ともにわらひ
なべてのなやみを たきゞともしつゝ
はえある世界を  ともにつくらん


鈴木輝昭作曲「十力の金剛石」

 暮れも押し詰まってきましたが、今回はまた鈴木輝昭氏による合唱曲「イーハトーヴ組曲」の第4曲「十力の金剛石」の演奏を、作り直してみました。

童声(女声)合唱とピアノのための「十力の金剛石」(鈴木輝昭作曲)

(蜂雀の歌)
ポッシャリ、ポッシャリ、ツイツイ、トン。
はやしのなかにふる霧は、
ありのお手玉、三角帽子の、一寸法師のちひさなけまり。

ポッシャリポッシャリ、ツイツイトン。
はやしのなかにふる霧は、
くぬぎのくろい実、かしはの、かたい実の、つめたいおちゝ。

ポッシャリ、ポッシャリ、ツイツイツイ。
はやしのなかにふるきりの、
つぶはだんだん大きくなり、
いまはしづくがポタリ。

ポッシャン、ポッシャン、ツイ、ツイ、ツイ。
はやしのなかにふるきりは、
いまはこあめにかぁはるぞ、
木はぁみんな、青外套あをがいたう
ポッシャン、ポッシャン、ポッシャン、シャン。

(うめばちさうの歌)
きらめきのゆきき
ひかりのめぐり
にじはゆらぎ
は織れど
かなし。

青ぞらはふるひ
ひかりはくだけ
風のきしり
陽は織れど
かなし。

(野ばらの木の歌)
にじはなみだち
きらめきは織る
ひかりのをかの
このさびしさ。

こほりのそこの
めくらのさかな
ひかりのをかの
このさびしさ。

たそがれぐもの
さすらひの鳥
ひかりのをかの
このさびしさ。


 岩手大学の木村直弘さんは、この数年にわたって、ドイツの物理学者・美学者・哲学者であるグスタフ・フェヒナーから賢治への影響について、数多くの論考を発表しておられます。
 私自身、当初はフェヒナーと言われても全くぴんと来なかったのですが、「感覚の強さは刺激の強さの対数に比例する」という「ウェーバー・フェヒナーの法則」に、現在もその名をとどめている人だということです。そう言われれば何となく、昔そんな法則を習ったような気もしますが、今や一般的にはあまり名前が知られている人とは言えません。

 ただ、彼が200年近くも前に書いた一冊の本は、現代日本でも読まれ続ける超ロングセラーになっており、Amazon にもいくつもレビューが載っているのです。

フェヒナー博士の死後の世界は実在します フェヒナー博士の死後の世界は実在します
グスタフ フェヒナー (著), 服部 千佳子 (翻訳)

成甲書房 (2008/9/2)

Amazonで詳しく見る

 ということで、今日はこの本に関するお話です。