時間と空間の交差点

 「銀河鉄道の夜」の「七、北十字とプリオシン海岸」の章に、化石を発掘している大学士とジョバンニが、会話をかわす場面があります。
 ところが、ここで大学士が語る「化石による証明」という理屈――下の引用の後半部分――が、何とも不思議でわかりにくいのです。

「君たちは参観かね。」その大学士らしい人が、眼鏡をきらっとさせて、こっちを見て話しかけました。「くるみが沢山あったらう。それはまあ、ざっと百二十万年ぐらゐ前のくるみだよ。ごく新らしい方さ。ここは百二十万年前、第三紀のあとのころは海岸でね、この下からは貝がらも出る。いま川の流れてゐるとこに、そっくり塩水が寄せたり引いたりもしてゐたのだ。このけものかね、これはボスといってね、おいおい、そこつるはしはよしたまへ。ていねいに鑿でやってくれたまへ。ボスといってね、いまの牛の先祖で、昔はたくさん居たさ。」
「標本にするんですか。」
「いや、証明するに要るんだ。ぼくらからみると、ここは厚い立派な地層で、百二十万年ぐらゐ前にできたといふ証拠もいろいろあがるけれども、ぼくらとちがったやつからみてもやっぱりこんな地層に見えるかどうか、あるひは風か水やがらんとした空かに見えやしないかといふことなのだ。わかったかい。けれども、おいおい。そこもスコープではいけない。そのすぐ下に肋骨が埋もれてる筈ぢゃないか。」大学士はあはてゝ走って行きました。

 自然科学において、研究者が何らかの仮説を立てて、その仮説が正しいことを実験や調査によって証明するということは、ふつうに行われる手続きです。
 上の大学士は、120万年前の牛の先祖の化石を調査することによって、「ぼくらとちがったやつからみてもやっぱりこんな地層に見えるかどうか、あるひは風か水やがらんとした空かに見えやしないかといふこと」を証明しようとしているのだと説明していますが、ここの論理がどうもよくわかりません。

 この部分をどう解釈すべきかということについて、だいぶ以前に「異空間・異時間の認識」という記事を書いてみたこともありましたが、この時も結局よくわからないままに終わっていました。

 今回は、もう少し考えを推し進めて、問題を整理してみたいと思います。


「心象」か「所感」か

 以前に、賢治の詩の中に出てくる「共業所感ぐうごうしょかん」という仏教用語を取り上げて、「「共業所感」としての風景」という記事を書いたことがありました。
 今回、その語の一部分でもある「所感」という言葉の用例を、当サイトの「詩テキスト検索」で調べてみたところ、彼が詩作品でこの「所感」の語を用いているのは、かなり狭い時期に集中していることに興味を惹かれましたので、今日はこれについて考えてみます。


原体地区逍遙(3)

 先日の記事「原体地区逍遙(1)」および「原体地区逍遙(2)」で訪ねた場所を、Googleのマイマップにプロットしてみました。赤いマーカーの数字は、地図下のリストに対応しています。
 よろしければ、地図を拡大したりドラッグしたりして、より詳しい場所をご確認下さい。

  1. 奥州市伝統産業会館(レンタサイクル)
  2. 小野寺玉峰「原体には美しき四季がある」石碑
  3. 宮沢賢治「原体剣舞連」詩碑
  4. 夢の里工房はらたい
  5. 「豊饒准平原」石碑
  6. 大山祇神社(虚空蔵堂)
  7. 宝城寺
  8. 「長根坂」バス停
  9. 五位塚墳丘群
  10. 豊田館跡


原体地区逍遙(2)

 前回の記事を書いた後に気づいたのですが、「原体剣舞連」詩碑にはめ込まれたあの見事なブロンズのレリーフを制作されたのは、この地区出身の世界的彫刻家で、醍醐橋南の「原体には美しき四季がある」という石碑(前回の写真参照)を揮毫された、小野寺玉峰さんだったんですね。
 あらためて別の角度からのレリーフの写真と、詩碑台座の銘板を貼っておきます。

20220515r.jpg

20220513b.jpg


 去る5月4日に、岩手県奥州市江刺の原体地区を訪ねてきました。

 賢治の詩「原体剣舞連」は、その勇壮な声調と幻想的な描写から、『春と修羅』の中でも人気が高い作品で、私も大好きなのですが、賢治がこの剣舞を見たと思われる場所を一度見てみたいというのが、今回の動機でした。
 川原仁左エ門編著『宮沢賢治とその周辺』(1972)には、盛岡高等農林学校3年時の江刺郡土性調査の際の同級生高橋秀松の証言として、次のような一節があります(同書p.61)。

 原体村の見学は秋の夜であつた。杉の大木に囲まれた神社の庭で弦月下、たき火を中心に剣舞連は始まつていた。太鼓の音ははげしくドド、ドドスコドンと鳴つていた。賢治はホーホーといい乍ら手帳にメモしている。

 上に出てくる「杉の大木に囲まれた神社」というのがどこなのか、これまで私にはわかりませんでしたが、昨年刊行された『同窓生が語る宮澤賢治』(岩手大学農学部北水会)では、「原体村から、近くを流れる伊手川の橋を渡り約2kmのところにある大山祇神社(虚空蔵堂)(江刺区田原虚空蔵)である」との特定がなされているのを見たのです(同書p.76)。
 さらにこれに関連して、文教大学の鈴木健司さんが、原体地区にある宝城寺というお寺の歴史をまとめた『宝城寺史』(小野寺慶一著、2013)に、原体剣舞は「宝城寺、虚空蔵堂、長根坂石碑群前の三ヶ所で踊ったと伝わっている」との記載があるという調査結果を、最近ご教示下さいました。

 ということで、ぜひともこれらの場所を見てみたいと思った次第です。


『大智度論』の閻浮檀金

 「亜細亜学者の散策」の下書稿(一)は「単体の歴史」と題され、下記のような内容です。

一五四
   単体の歴史
               一九二四、七、五、
紺青の湿った山と雲とのこっち
夕陽に熟する古金のいろの小麦のはたけ
    いいえ、わたくしの云ひますのは
    いまのあんな暗い黄金ではなく
    所謂 竜樹菩薩の大論の
    あるひはそれよりもっと前の
    むしろ quick gold といふふうの
    そんなりっぱな黄金のことです
いま紺青の夏の湿った雲のこっちに
かながらのへいそくの十箇が敬虔に置かれ
いろいろの風にさまざまになびくのは
たしかに鳥を追ふための装置ではあるが
またある種拝天の余習でもある
  ……粟がざらざら鳴ってゐる……

      ※ 物質の特性は定量されないほどの
        僅かづつながら時間に従って移動する
        といふ風の感じです 誰でももってゐる
        ありふれた考ですが今日は誰でもそれを
        わざと考へないやうにしてゐるやうな
        気もするのです

 ここでは、色づいた小麦が夕陽に照らされ輝く様子が、「古金のいろ」と形容されています。
 賢治の言う「古金のいろ」とは、「いまのあんな暗い黄金ではなく」、「所謂 竜樹菩薩の大論の/あるひはそれよりもっと前の/むしろ quick gold といふふうの/そんなりっぱな黄金のこと」だとのことですが、これはいったいどういうことなのでしょうか。


コサック兵と牧馬地方

 今日4月20日は、98年前に宮澤賢治の詩集『心象スケッチ 春と修羅』が、「發行」された日です。
 彼はこの日、自らの処女出版を自宅で待機していたわけではなく、また刷り上がった本を印刷所に取りに行ったわけでもなく、盛岡から北東25kmほどのところにある「外山」という高原に、一人で馬の見物に行っていたのでした。

20220420a.jpg
岩手県畜産試験場 外山分場(2008年5月撮影)


ウクライナの舞手

 数日前、ロンドンのナショナル・ギャラリーが、従来「ロシアの踊り子たち」と呼ばれてきたフランス印象派エドガー・ドガの作品の名称を、「ウクライナの踊り子たち」に変更すると発表して、話題になりました。(下は、ナショナル・ギャラリーによってパブリックドメインに帰せられている、同作品の画像です。)

N-6581-00-000015-wpu.jpg
エドガー・ドガ「ウクライナの踊り子たち」("The National Gallery"より)


 文語詩「〔けむりは時に丘丘の〕」は、賢治と宣教師ミス・ギフォードが、汽車の中で交わした会話に基づいており、下記の[賢治][ギフォード]という表示は、それぞれの発言の、推定される発話者を示しています。

けむりは時に丘丘の、     栗の赤葉に立ちまどひ、
あるとき黄なるやどり木は、  ひかりて窓をよぎりけり。

(あはれ土耳古玉タキスのそらのいろ、かしこいづれの天なるや)[賢治]
(かしこにあらずこゝならず、 われらはしかく習ふのみ。)[ギフォード]

(浮屠らも天を云ひ伝へ、   三十三を数ふなり、
 上の無色にいたりては、   光、思想を食めるのみ。)[賢治]

そらのひかりのきはみなく、  ひるのたびぢの遠ければ、
をとめは餓えてすべもなく、  胸なるたまをゆさぶりぬ。

 ところで、この対話が行われた1922年12月とは、賢治の妹トシが逝去した同年11月27日の直後であり、賢治がこの時「天」に関して対話を行ったとすると、その場所を「死んだ妹の転生先」として意識していたであろうことは、疑いようがありません。この作品の奧に秘められている、賢治のそのような痛切な思いを読み解いてみようという観点から記したのが、本年1月の「ひるのたびぢの遠ければ…」という記事でした。

 その後、あらためてこの作品を読むうちに、ギフォードがこの時賢治に投げかけた「かしこにあらずこゝならず、われらはしかく習ふのみ。」という言葉が、後々から見ると賢治にとってどれほど深い意味を持つものであったかということをしみじみ感じるようになり、その辺の内容について、ここにまた少し書いてみようと思います。