Home ⇒ [賢治情報2019年07月] ⇒ 京都市に「風の又三郎」像

京都市に「風の又三郎」像

 種山ヶ原に設置されている、あの魅力的な「風の又三郎」像(中村晋也氏作)と同じものが、なんと京都市内にもあるよ!と教えて下さった方がありまして、今日は学会で深草の龍谷大学に行ったついでに、一緒に見てきました。
 下が、その又三郎君の写真です。

「風の又三郎」像(京セラ本社前)

 この銅像は、京都市伏見区の京セラ本社ビル前に設置されています。
 以前から京セラ株式会社は、本社ビル内に「京セラギャラリー」を開設して、様々な美術作品を無料で展示していましたが、しばらく前からその一環として、この本社ビル前庭において、中村晋也氏の彫刻作品4体を、道行く誰でも鑑賞可能な状態で設置してくれていたのです。
 ただこの場所は、上写真の背景に見えているような高架の自動車道(第二京阪道路)と、反対側には地上20階建ての京セラビル(95m)に挟まれた、高層都市建造物の「谷間」のような一角で、大自然の中に立つ種山ヶ原の像とは、環境の違いが歴然としています。(「風の又三郎」の書き出しが、「谷川の岸に小さな学校がありました」というのとは、同じ「谷」でも雲泥の差です。)
 私が知るかぎりでは、あの種山ヶ原の像が今もきれいな銅色あかがねいろでつやもあったに比べると、こちらは表面に少し緑青も浮いているようで、やはり排気ガス中の硫黄酸化物や窒素酸化物等の影響があるのかもしれません。

京セラ本社ビル

  しかしそれでも、こちらの又三郎君もやっぱり表情は健気で凜々しく、都会の中でもここだけには、清々しい風が吹き渡っているような感じがしました。思えば彼は、いつも地球上のどこへでも自由自在に飛び回っていますから、時にはこういうごみごみしたところにもやって来て、自然を忘れそうになっている都会人を慰めてくれるのかもしれません。
 今日は日曜日ということで、京セラビル前庭のベンチには、多くの若い人が座ってお昼を食べたりしながら、くつろいでいました。

 それにしても、本日は貴重な時間をさいて案内をして下さったTさんに、ここにあらためて感謝申し上げます。

 ところで、龍谷大学であった日本病跡学会では、午前中に下のような発表をしたのですが、タイトル背景に使った写真は、こちらも偶然に「種山ヶ原」でした。

「宮沢賢治の作品に現れる超常体験と解離」