Home ⇒ [賢治イベント2009年09月] ⇒ 「'09京都・賢治の祭り」フィナーレ

「'09京都・賢治の祭り」フィナーレ

 今日は、先日ご紹介した「'09 京都・賢治の祭り」の最終日で、私は昼すぎに自転車で行ってきました。

 会場の「アートステージ567」というスペースは、下写真のような京都らしい町家を改修した建物の、2階部分にあります。道路に置いてある青いポスターを貼った看板が、今回の「'09京都・賢治の祭り」の案内です。建物1階は、「コロナ堂」というおしゃれな雑貨屋さんになっています。

「コロナ堂」と「アートステージ567」

 私は、11日(木)の、アニメーション「よだか」の上映と朗読、という回も拝見させていただきました。かいずけん氏という映像作家の、美しい光と影の表現が、印象的でした。
 今日は、「フィナーレ」と題して、この数日間に登場した様々な方が朗読をしたり、歌を唄ったり、パフォーマンスをしたりという、にぎやかな催しでした。
 下写真は、ギターの三島邦生さんの伴奏で、みんなで「星めぐりの歌」を唄ったところです。左側の方が、会場の人のために歌詞を示してくれています。

「星めぐりの歌」合唱

 あと、今日のイベントに参加してみて私が本当に驚いたのは、このスペースを運営し、1階の「コロナ堂」も経営しておられる方が、「〔地蔵堂の五本の巨杉が〕」に「鈴木卓内先生」として登場する鈴木卓苗氏のお孫さんだった!ということでした。
 その方は、最近になって初めて花巻を訪ねられたのだそうですが、残念ながら地蔵堂の巨杉は伐採されて切り株だけになった後だったとのことです。(まだ巨杉が残っていた頃の地蔵堂は、「巨杉」詩碑のページ参照。)

 それにしても、花巻からこんなに離れた京都にも、賢治と何らかのゆかりのある方が暮らしておられて、そして直接お目にかかれるとは、私にとって幸福なサプライズでした。「出会い」というのはあるもんですね。


 最後に下写真は、会場で展示されていて、あんまりかわいいので思わず買ってしまった、「猫の事務所」の事務長と書記たちです。

事務長と書記たち