Home ⇒ [作品について2009年11月] ⇒ 大使館の桜・序

大使館の桜・序

 今日は、賢治の保阪嘉内あて書簡中の短歌、

大使館低き練瓦の塀に降る並木桜の朝のわくらば

に出てくる「大使館」とは、どこの国の大使館なのかということについて考える記事を書きかけていたのですが、夜も更けて時間もなくなってしまいました。

 あらためて、日曜日にでも書かせていただきます。

 ちなみに、下の地図で薄赤くぬってある区画は、イギリス大使館とフランス大使館(当時)の場所です。

イギリス大使館とフランス大使館