Home ⇒ [雑記2009年04月] ⇒ ハームキヤ東高校 四強へ

ハームキヤ東高校 四強へ

  • 内容分類: 雑記

【ハームキヤ発:四月一日】世界各地から國と地域の代表が集まつて行はれてゐる「世界ベェスボオル古式大會(WBC)」に於いて、イーハトヴ代表のハームキヤ東高校が、快進撃を続けてゐる。
 ハームキヤ東高校は、三月廿五日の一回戦、廿八日の二回戦を完封で勝ち上がつたが、昨三月三十一日の準々決勝では、藤原健次郎君や瀬川貞蔵君の活躍により、ポナペ島の南洋工業を五対三と逆転で破つて、見事に四強に進出した。
 イーハトヴの代表が準決勝に進むのは、一九八四年のオーフナート高校以来二十五年ぶりの快挙であり、イーハトヴの人々は口々に「こんなことは実に稀れです」と語り合い喜んでゐる。みんなはまるめろやなにかまで出して歓迎した。

【決勝打を放つた右翼手ケンジロー君の談藤原健次郎話】「ありがとうございます。いやーもう、苦しいところから始まつて、苦しさからつらさになつて、つらさを超えたら心の痛みになつた。最後は笑顔になれた。最後の打席では大仏が降りてきましたね。自分(の心の中)で実況しながら打席に入つた。一つ壁を越えた。」
【右写真】試合後、勝利の喜びを噛みしめつつ精神統一を図る藤原健次郎君(撮影:石コ賢さん)