Home ⇒ [賢治紀行2008年01月] ⇒ きぬかけの路

きぬかけの路

 賢治らは1916年3月に、盛岡高等農林学校の修学旅行生として「衣笠村役場」を訪れたということは、以前の記事で触れました(1916年修学旅行の京都(1))。
 今日は、その旧衣笠村のあたりの名所をめぐる「きぬかけの路」という道を、雪のちらつく中、歩いてきました。

 この道は、京都市北西部の「衣笠山」という小さな山の山裾をぐるりとまわるように通っていて、伝承によれば、平安時代初期に宇多天皇が、真夏に「雪景色が見たい」などと無体なことを言い出した際に、この山に白絹を掛けて雪に見立てたということにちなんで、「衣掛けの路」と名づけられています。


(1)ギャラリー雅堂; (2)堂本印象美術館; (3)café山猫軒


 まずは、昼前に家を出て、地下鉄とバスで金閣寺に行きました。昨夜までちらちらと雪も降っていたようですが、今日の昼すぎの金閣は、檜皮葺の屋根の北半分だけに雪が残っている、下写真のような状態でした。

雪の残る金閣

 金閣寺を出て、右手に進んでいくのが「きぬかけの路」です。460mほど歩くと、右手に「ギャラリー雅堂」(下写真)があります。ここは、木版画家の井堂雅夫さんの個人ギャラリーで、賢治にちなんだ作品を見たり、画文集『宮沢賢治・心象の風景』(1996)やその他のグッズを購入することもできます。
 とりわけ現在は、2月28日までの期間、宮澤賢治の世界や日本の風景を、「絹にアクリル絵の具で描いた肉筆画(タブロー)」32点が、特別展示されています。それは端正で、かつ幻想的な雰囲気の漂う作品でした。なお、井堂さんは、「花巻文化村」の理事長もされている方です。

ギャラリー雅堂

 「ギャラリー雅堂」を後にしてさらに300mほど進むと、「堂本印象美術館」があって、現在は「印象のかたち」という企画展をやっていましたが、今日はここは素通りさせていただきました。

 美術館を過ぎると、道の南側は立命館大学の衣笠キャンパス、北側は直接衣笠山の山裾になって、少し坂道になります。
cafe山猫軒 ゆるい上り坂を越えて、美術館から470mほど行ったあたりに、その名も「山猫軒」という、素敵なカフェがあります。
 入口はこぢんまりしているのですが、階段を下りて店内に入ると、ゆったりした空間が広がります。光の加減が本当に美しく構成されていて、机や椅子などの調度も落ち着いています。
 メニューは、飲み物から種々のケーキ、食事関係も充実しています。奥の本棚には、いろいろ本が置かれていましたが、ちゃんと『注文の多い料理店』もありましたです。
 今日は、ここで一休みして昼ごはんを食べました。私は、「エッグカレードリア」です。

 京都市街の中心部からは離れていて、交通もあまり便利な場所とは言えませんが、金閣寺や龍安寺に来られる機会があれば、この「山猫軒」は、ぜひ立ち寄る価値のあるスポットと思います。

cafe山猫軒店内

 「山猫軒」を出ると、100mも行かないうちに、「龍安寺」の入口です。広い境内を、池などを見ながら進んでいき、靴を脱いで「方丈」に上がると、今日も「石庭」の前の縁側には、老若男女いろんな国からの人々が、座って庭を眺めていました。

龍安寺石庭

 龍安寺からさらに900mほど歩けば、壮大な「仁和寺」があります。 春になると、やや開花時期の遅い大輪の「御室の桜」が見事なのですが、そちらはまたの機会にして、今日は龍安寺から帰途につきました。