Home ⇒ [賢治紀行2005年05月] ⇒ 花巻(1)

花巻(1)

 午後2時半すぎに家を出て、途中「ジュンク堂」に寄って村上龍「半島を出よ(上)」を買い、四条烏丸から阪急で南茨木へ、 そして南茨木からモノレールで伊丹空港に着きました。
北上平野 空港で軽く食事をして飛行機に乗り、買った本を読んでいるうちにすぐに花巻上空にさしかかりました。
 窓から外に目をやると、夕日を背景に、平野を北上川が蛇行して流れ、その周囲にはたくさんの四角く光る水面が散らばっています。 まるでこの地表の大半が、水に覆われているかのように見えます。
 ちょっと不思議な光景でしたが、今はちょうどすべての田んぼには水がなみなみと張られ、まさに田植えを待っているという時季のようです。

 空港に着く頃には、夕日も奥羽山脈の向こうに沈み、あたりも暗くなってきました。ターミナルを出るとすぐにホテルに入って、 読みかけの本の続きに戻りました。

居酒屋「早池峰」 夕食は、読書の途中に居酒屋「早池峰」まで散歩しました。昼間は汗ばむほどでも、 夜になると冷え込んできます。新しくなった大堰川の遊歩道を通って、マルカンデパートの角を曲がり・・・。
 「早池峰」では今日は、「イタドリの油炒め」や「こしあぶらのおひたし」など山菜と、カツオとカンパチのお刺身を食べました。

 ホテルに戻ると、また村上龍の続きです。