Home ⇒ [賢治イベント2011年10月] ⇒ 「イーハトーブ・プロジェクトin京都」会計報告

「イーハトーブ・プロジェクトin京都」会計報告

 遅くなりましたが、先月の4日に行った「第2回イーハトーブ・プロジェクトin京都」の会計報告を申し上げます。
 台風による雨が続いていたにもかかわらず、ご参加下さった方はちょうど90名でした。はるばる宮城県や北海道からお越しいただいた方もありました。あらためまして、厚く御礼申し上げます。
 参加費としてお一人2000円ずつをいただきましたが、さらに会場にて募金をいただいた方もありました。総収入から必要経費を差し引きまして、結局 16万0815円 を、「宮沢賢治学会イーハトーブセンター」が行っている「イーハトーブ復興支援義援金」に、本日寄付する手続きをして参りました。
 ご協力いただきまして、本当にありがとうございました。

 下は、当日の写真から・・・。

開演前
開演前

童話「ひかりの素足」朗読と読経
童話「ひかりの素足」朗読と読経

能「光の素足」後場のはじまり
能「光の素足」・後場のはじまり

対談
対談

 「宮沢賢治学会イーハトーブセンター」は、上記の「イーハトーブ復興支援義援金」によって、地震・津波で甚大な被害を被った地域の学校図書館などに本を届ける活動を行うということです。次世代の子どもたちの力になればと、願います。

 震災からは半年あまりがたちましたが、被災地の復興はまだ端緒についたところです。原発事故の出口は全く見えないばかりか、私たちは国として原発を廃止しようというスタートラインにさえ、まだ立てていません。
 考えていると、苦しいこともいろいろ出てきますが、きっと賢治だったら、悲観に沈んだままではいないでしょう。
 「いづれ、明暗は交替し、新らしいいゝ歳も来ませうから、農業全体に巨きな希望を載せて、次の仕度にかかりませう。」(大正15年「羅須地人協会集会案内」より)

 私どもも、ぼちぼちまた「次の仕度」にかかろうと思います。

「イーハトーブ復興支援義援金」
「イーハトーブ復興支援義援金」シンボルマーク