Home ⇒ [作品について2009年07月] ⇒ HELL ⇒ LOVE †

HELL ⇒ LOVE †

 「オホーツク挽歌」の中に、次のような部分があります。

鳥は雲のこつちを上下する
ここから今朝舟が滑つて行つたのだ
砂に刻まれたその船底の痕と
巨きな横の台木のくぼみ
それはひとつの曲つた十字架だ
幾本かの小さな木片で
HELL と書きそれを LOVE となほし
ひとつの十字架をたてることは
よくたれでもがやる技術なので
とし子がそれをならべたとき
わたくしはつめたくわらつた
  (貝がひときれ砂にうづもれ
   白いそのふちばかり出てゐる)
やうやく乾いたばかりのこまかな砂が
この十字架の刻みのなかをながれ
いまはもうどんどん流れてゐる
海がこんなに青いのに
わたくしがまだとし子のことを考へてゐると
なぜおまへはそんなにひとりばかりの妹を
悼んでゐるかと遠いひとびとの表情が言ひ
またわたくしのなかでいふ
  (Casual observer! Superficial traveler!)

 サハリンの栄浜の海岸で、賢治がまたトシのことを追想している場面です。砂浜に十字の形をした跡がついていたので、賢治は昔トシが見せてくれた一つの遊びを思い出しました。
 「幾本かの小さな木片で/HELL と書きそれを LOVE となほし/ひとつの十字架をたてる」・・・。これは、マッチ棒や爪楊枝などを使った、一種のパズルのようなものなのでしょう。
 「地獄」が、「愛」と「十字架」に変わるというのは、東京でキリスト教系女子大の寮生活を送っていたトシが、いかにも兄の前で披露しそうな、ちょっとしゃれた余興ですね。ただ、法華経一辺倒だったある時期までの賢治にとっては、それはあまりにキリスト教的な香りがするので、「つめたくわらつた」だけですませてしまったのでしょう。
 賢治は、そんな何気ない自分の態度まで思い出しては、自責の念をかみしめているようです。

 ところで今日はマッチ棒を使って、その「HELL と書きそれを LOVE となほし/ひとつの十字架をたてる」という手順を、アニメーションGIFとして作成してみました。
 下のボタンの「実行」を押すと、マッチ棒の移動が始まります。「戻す」を押せば、また何度も繰り返してみることができます。

HELL ⇒ LOVE †