Home ⇒ [作品について2006年11月] ⇒ 「黒と白との細胞」による千億の明滅(論文形)

「黒と白との細胞」による千億の明滅(論文形)

 去る9月23日にイーハトーブ館で開かれた「第16回宮沢賢治研究発表会」で発表してきた内容を報告集に載せるために、8000字程度にまとめて10月中に提出するようにとい言われていまして、ちょっと締め切りに遅れてしまいましたが、何とか今日提出しました。

 下記に、その PDFファイルを載せておきますので、ご笑覧いただければ幸いです。

「黒と白との細胞」による千億の明滅(論文形)