鈴木輝昭「イーハトーヴ組曲」より

 鈴木輝昭 氏は、数多くの合唱曲の作曲で知られていますが、ここで演奏させていただいたのは、『童声(女声)合唱とピアノのためのイーハトーブ組曲』から、第一曲「星めぐりの歌」、第四曲「十力の金剛石」、第六曲「ポラーノの広場」です。
 組曲全体の構成は、「1.星めぐりの歌」、「2.水仙月の四日」、「3.風の又三郎」、「4.十力の金剛石」、「5.シグナルとシグナレス」、そして終曲が「6.ポラーノの広場」となっていて、いずれも賢治の童話から抜粋したテキストが組み合わせられています。

 この組曲の各曲は、無調的な部分と調性音楽の部分の組み合わせでできています。調性音楽の部分というのは、たとえば第四曲「十力の金剛石」では、「きらめきのゆきき…」から「にじはなみだち…」の箇所、第六曲「ポラーノの広場」では、「つめくさ灯ともす…」から「ともにつくらん」までの部分が、それに相当します。
 鈴木輝昭氏の作品では、この調性部分のメロディーとハーモニーが、いずれも珠玉の美しさを持っていて素敵です。

 それでは、やや不器用なところはありますが、Volaloid の声による合唱で、お聴き下さい。

第一曲 「星めぐりの歌」
第四曲 「十力の金剛石」
第六曲 「ポラーノの広場」

第一曲 「星めぐりの歌」

 鈴木輝昭作曲のオペラ「双子の星」の中から、合唱による「星めぐりの歌」です。
 開始は、まるでグレゴリオ聖歌のような無伴奏の斉唱です。一方、ピアノの伴奏は自由な即興のように広がっていきます。

演奏

歌詞

あかいめだまの  さそり
ひろげた鷲の   つばさ
あおいめだまの  小いぬ、
ひかりのへびの  とぐろ。

オリオンは高く   うたひ
つゆとしもとを   おとす、
アンドロメダの   くもは
さかなのくちの   かたち

おおぐまのあしを  きたに
五つのばした    ところ。
小熊のひたひの  うへは
そらのめぐりの   めあて。

第四曲 「十力の金剛石」

  「十力の金剛石」は、「石コ賢さん」の面目躍如とでもいうように、たくさんの宝石が出てくる童話です。鈴木氏の音楽は、その透明な硬質の美しさを見事に表現していると思います。
 歌詞は、童話の中で順に歌われる、蜂雀(ポッシャリ、ポッシャリ…)、うめばちそう(きらめきのゆきき…)、野ばらの木(にじはなみだち…)の唄から採られ、一曲に構成されています。

演奏

歌詞

ポッシャリ、ポッシャリ、ツイツイ、トン。
はやしのなかにふる霧は、
蟻のお手玉、三角帽子の、一寸法師のちひさなけまり。

ポッシャリ、ポッシャリ、ツイツイ、トン。
はやしのなかにふる霧は、
くぬぎのくろい実、柏の、かたい実の、つめたいおちゝ。

ポッシャリ、ポッシャリ、ツイツイ、トン。
はやしのなかにふるきりの、
つぶはだんだん大きくなり、
いまはしづくがポタリ。

ポッシャリ、ポッシャリ、ツイツイ、トン。
はやしのなかにふるきりは、
いまはこあめにかぁはるぞ、
木はぁみんな、青外套。
ポッシャン、ポッシャン、ポッシャン、シャン。

きらめきのゆきき
ひかりのめぐり
にじはゆらぎ
陽は織れど
かなし。

青ぞらはふるひ
ひかりはくだけ
風のきしり
陽は織れど
かなし。

にじはなみだち
きらめきは織る
ひかりのをかの
このさびしさ。

こほりのそこの
めくらのさかな
ひかりのをかの
このさびしさ。

たそがれぐもの
さすらひの鳥
ひかりのをかの
このさびしさ。

第六曲 「ポラーノの広場」


  組曲の終曲「ポラーノの広場」は、「ポランの広場」の歌詞によるエキゾチックな祭の歌の部分と、「ポラーノの広場のうた」の歌詞による調性を持った終結部とで構成されています。終結部の、変ロ長調→ト長調のコラールはほんとうに美しく、2003年賢治祭では、「花巻ユネスコ・ペ・セルクル」が、この部分だけを抜粋して歌ってくれました。

演奏

歌詞

つめくさの花の 咲く晩に
ポランの広場の 夏まつり
ポランの広場の 夏のまつり
酒を呑まずに  水を呑む
そんなやつらが でかけて来ると
ポランの広場も 朝になる
ポランの広場も 白ぱっくれる。

つめくさの花の かほる夜は
ポランの広場の 夏まつり
ポランの広場の 夏のまつり
酒くせのわるい 山猫が
黄いろのシャツで出かけてくると
ポランの広場に 雨がふる
ポランの広場に 雨が落ちる。

つめくさのはなの 終る夜は
ポランの広場の 秋まつり
ポランの広場の 秋のまつり
水をのまずに酒を呑む
そんなやつらが威張ってゐると
ポランの広場の 夜が明けぬ
ポランの広場も 朝にならぬ。

つめくさの花のしぼむ夜は
ポランの広場の秋まつり
ポランの広場の秋のまつり
酒くせの悪い山猫は
黄いろのシャツで遠くへ遁げて
ポランの広場は 朝になる、
ポランの広場は 夜が明ける

つめくさ灯ともす 夜のひろば
むかしのラルゴを うたひかはし
雲をもどよもし  夜風にわすれて
とりいれまぢかに 年ようれぬ

まさしきねがひに いさかふとも
銀河のかなたに  ともにわらひ
なべてのなやみを たきゞともしつゝ
はえある世界を  ともにつくらん