七四

     普光天子

                  一九二四、四、二〇、

   

   お月さま

   東の雲はもう石竹のいろに燃え

   丘はかれ草も銀の雪も

   すっかり明るくなりましたが

   おぼろにつめたいあなたのよるは

   もうこの山地のどの谷からも去らうとします

   ひとばんわたくしがふりかヘりふりかヘり来れば

   巻雲のなかやあるひはわづかにかすむ青ぞらに

   しづかにかかってゐらせられ

   また黎明のはじまりには

   二つの雲の炭素棒のあひだに

   黄いろの古風な弧光のやうに

   熟しておかゝりあそばした

   むかしの普光天子さま

   あなたの近くの雲が凍れば凍るほど

   そこらが明るくなればなるほど

   あなたがそらにお吐きになる

   エステルの香は雲にみちます

   おつきさま

   あなたはいまにはかにくらくなられます

 

 


次の草稿形態へ→

<外山詩群>へ→